読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sushiko脳内会議室

日々考えた事や夫婦の事等の記録です

夫の一言 ~コミュニケーション編~

「コミュニケーションって、相手と距離を取ることかも」

 

夕飯の支度をしながら、夫がふとそんなことを言った。

 

現在、夫は転職のため、WEB関係のスクールに通っている。

そこでは画像編集ソフトの使い方からWEBサイトの作り方を学んでいて、今は大詰めのグループ製作に取り掛かっている所だ、というのは以前にも聞いた話だった。

実際のクライアントから受けた依頼に対し製作をするため、自ずと熱も入る。

年々、グループによっては炎上してしまう所も出てきてしまうそうなのだが、夫のグループは比較的穏やかかつ順調に製作が進んでいるとのことだった。

しかし、中にはどうやらメンバー同士すれ違いが起きてしまったグループもあるらしい。

原因は、より親密になり結託しようとし過ぎたこと。

結果、考え方やスタンスの違いでバラバラに砕けてしまい、今は別々に製作を進めているような状態になってしまった。

 

コミュニケーションというと、自然と相手との距離を縮めようとしてしまいがちだ。

実際、これには私もかなり心当たりがあった。

 

仕事相手が「太っているからなんとかしないと」というので、服のサイズを聞いてしまったり

(単に失礼)

 

バイトで、食品の使用期限メモが開封前の日付になっているのを見つけて、「タイムパラドックスやー」と笑って話したら、その人が書いた本人だったり

(単に迂闊)

 

飲み会の席で、上司にキレッキレのツッコミを入れてしまったり

(関西人の悲しき性)

 

私は壁を作ってしまう方なので、少し失礼なくらいがちょうどいいと思っていた。

しかしこうしてみると、距離を急激に詰めようとし過ぎて、少しどころか普通に失礼になってしまっている。

 

人によって心地いい距離感というのは違う。

もっとぐいぐい来てほしいという人もいれば、土足で踏み込まれたと思う人もいるだろう。

「気さくな雰囲気だからきっとぐいぐい来てほしい人だろう」と思って踏み込もうとし過ぎると、意外と線は手前にあったりする。

コミュニケーションで大切なのは、相手と気持ちよく一緒に居られるための距離感をつかんで、それよりも中に立ち入り過ぎないようにすることかもしれない。