読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sushiko脳内会議室

日々考えた事や夫婦の事等の記録です

お前を信じる俺を信じろ

昨日、グレンラガンの映画紅蓮編を観た。

夫が作業をする間に流すというので、横で一緒に観ることにした。

 

TVシリーズが放送されている時、周りが賑わっているのは感じていたが、あまり観ようという気にはならなかった。

既に賑わっているところに入りづらかったのと、アニキが死んでしまうというのを知ってしまったからかもしれない。

1話も見ていないので、アニキに思い入れがあったわけでは全くないけれど、主要キャラクターが死んでしまうという状況はとてもつらい。

特に、シショーやアニキ、オヤジ、オフクロあたりは勘弁してほしい。

私はとんでもなく涙もろいのだ。

プリキュアの映画で号泣しているおばさんがいたら、私のことである。

調べてみると、放送が始まったのは2007年4月。

知らないアニキの死と向き合うのに10年もかかってしまった。

 

映画はほぼほぼ総集編のような感じということだったので、TVシリーズを見ていなくても、問題なく楽しめた。

やることが無茶苦茶でただ前に進もうとするアニキと、そのアニキに引っ張られて能力と根性を発揮する主人公がとてもいいコンビで、薄い本が厚くなるのを感じた。

アニキの台詞は映画版で一気に聞くとゲシュタルト崩壊がひどかったが、最後の言葉は特に印象に残った。

 

お前を信じろ。

俺が信じるお前でもない。

お前が信じる俺でもない。

お前が信じるお前を信じろ。

 

やっぱりゲシュタルト崩壊がひどく、唱えることもままならないが、覚えておきたいと思った。

自分を信じるのは難しい。

不思議なことに、悪い所は信じられても、いい所を信じるのは特に難しい。

そんな時は、自分を褒めてくれる誰かを信じてみてもいいかもしれない。

今度は自分で自分を信じてあげられたらいい。